駅前の銭湯

石川県内のとある駅前にある銭湯の廃墟です。熟成度はかなり高いです。(推定20年以上)



ある駅前通りに異様な雰囲気を漂わせている廃墟がありました。








木造と鉄筋コンクリ造との混在した造りになっています。








蔦の絡まる煙突です。








裏側より撮影です。丁度プラットホームの端に隣接しています。







(左)「ゆ」と書かれています。ここは銭湯だったようです。(右)住居部分の玄関です。








この建物は痛みが非常に激しく、既に天井がぶち抜けていました。







更には2階部分の床もぶち抜けていました。







脱衣場の部分は見事に瓦礫の山でした。








風呂内部へ。







洗い場です。中にいた猫と目が合ってしまった。(フラッシュで猫の目が光ってしまいました)








それほど広くない湯船です。








不船のアップです。天井から入り込む光のお陰で心地よい雰囲気です。








家主の居住部分です。物が残りまくりです。








テレビの周りには高度成長期の観光ブームを思い起こさせる懐かしのペナントが沢山飾られていました。








これも懐かしい初代ビスタU12ブルーバードのカタログがありました。20年以上前の車です。






戻る

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー